8/10➡9月に延期 「女性として大切にされるお産の寄り添いとは」木村章鼓さんのお話@Umiのいえ助産塾  

女性として大切にされるお産とはどのような在り方なのでしょう。
人として、女性として大切にされるお産の実現には、
お産に関わるすべての人々の心合わせ、「寄り添い」がなによりも大事になってきます。

同時に、産む女性たち本人も、より主体的になってお産への準備をしていくこと、
心でつながるパートナーシップを求めていく姿勢が大切です。

今回は、各国のお産を見聞きしてきたドゥーラ木村章鼓さんをゲストにお迎えします。
助産師の力と人権意識の高いイギリス。
医療化が進み過ぎた結果、周産期ケアの質の低下が問われているアメリカ。
そして無痛分娩が主流のフランス。
医療の在り方、出産への価値観が社会・文化的に異なる外国で
ドゥーラとして得てきた知見を木村章鼓さんにシェアしていただきます。
日本のこれからのお産に役立つエッセンスを参加者のみなさんでシェアしていきましょう。


【日時】2020年8月10日(月)

 第1部11:00~12:30 ZOOM開催
 第2部14:00~16:00 リアル開催 Umiのいえにて  


【会場】NPO法人Umiのいえ  http://www.uminoie.org/ 

【参加費】3300円(税込み)



【ゲスト】木村章鼓 

パリ在住ドゥーラ https://nomadoula.wordpress.com/
こころとからだが写し鏡のように作用しあうお産。産む女性に起こるその精妙なプロセスが自ずから開花していくように、女性をリードするドゥーラ。�「ノマドなLOVEドゥーラAkiko」として、YouTube配信中�https://www.youtube.com/channel/UCku2Sp2G47H3f-pfaEunthw?view_as=subscriber?sub_confirmation=1

マレーシア、スコットランド、ロシア、アメリカ、イギリス、そしてフランスと住み移る中で、常に産む女性の立場から未来のお産について発信。「ペリネイタルケア」(メディカ出版)にて「ドゥーラからの国際便」連載。訳書「自己変容をもたらすホールネスの実践―マインドフルネスと思いやりに満ちた統合療法」/Child Research Net (CRN)のドゥーラ研究室のインタビュー記事 https://www.blog.crn.or.jp/lab/03/30.html

★ドゥーラシップジャパン https://www.doulashipjapan.com/


<字幕作成への関わり> 
━助産師アイナ・メイ・ガスキン女史の半生を収めた映画『Birth Story』
━出産時の腸内細菌の移行プロセスの重要性を伝える映画『Microbirth』

<木村さんよりひとこと>
斎藤麻紀子さんは超パワフルな先輩バースアクティビスト様。御自宅へ伺った17年前から1ミリもブレない愛で常に周囲の親子に溢れんばかりのインスピレーションを与え続けて下さっています。麻紀子さんの愛の詰まったUmiのいえに再び伺わせて頂けることを本当に嬉しく思います。



¥ 3,300

SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Free shipping fee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 0JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 16,200JPY will be free.

Report

Reviews of this shop